30代男、初めて痩せようと思いソイジョイダイエットを始めた体験記

これは30歳を過ぎた筆者が生まれて初めて痩せようと思って、知識ゼロのところからダイエットを始めた体験の記録です。

筆者はとりあえずネットで検索していろんなダイエットに目を通しましたが、これなら自分でも続けられるだろうと思い選んだのが「ソイジョイダイエット」でした。

スポンサーリンク

30代男、痩せようと思った経緯

筆者は学生時代ずっと体育会系だったので、大学を卒業するまで太ったことがありませんでした。

このころ、身長180センチに対し体重は70kg程だったのですが、これはほぼ適正体重だったようです。

そして、社会に出るとともに運動を全くしなくなりました。

数年後、25歳くらいの時の健康診断で体重が83kgとでました。

学生時代から10kg以上増えてて驚きましたが、不思議とショックはありません。

「仕事が大変で運動できてないし、仕方ない」と自分に言い聞かせていたからでしょう。

その後、何回か体重を測る機会がありましたが、30歳までは83kg前後をさまよっていたので、これ以上太る気配もないと思いあまり気にしませんでした。

購入するズボンのサイズがどんどん大きくなったり、インフルエンザで薬を貰う際に80kg以上の人は薬の量が増えるから値段も高くなったり…

そんなことがあっても筆者はまったく危機感を感じませんでした。

しかし、仕事で夜勤が急に増えるようになり、深夜に食事をとるようになったせいでしょうか?

食べる量は変わっていないのに、体重計に乗ったら89.7kgの表示。

この時初めて危機感を覚えました。

まだまだ増えている最中かもしれないし、90の大台には立ちたくないと本気で思ったんです。

だって、身長÷2=体重ですよ!?

30過ぎて筆者は生まれてはじめてのダイエットをしようと決意しました。

スポンサーリンク

ソイジョイダイエットとは?

いろいろとネットでダイエット方法を調べたのですが、お恥ずかしながら決意した割には筆者の腰は重かったです。

あれはきつそう、これも続かなそう…そもそも運動する時間があったら運動しているわけですよ。

もともと運動自体は好きですし。

でも、世の中そんな風に筋肉が脂肪に変わっていったおじさまは多いのではないでしょうか?

そんなおじさんでもできそうだと思って目にとまったのが「ソイジョイダイエット」でした。

コンビニとかスーパーで売ってる、大塚製薬さんが販売しているあのSOYJOY(ソイジョイ)です。

ソイジョイダイエットのやり方を以下にまとめてみました。

  • 一日三食のうちのどれか一食をソイジョイ1~2本に置き換える。
  • よく噛んで食べる。(1口30回噛むのが理想)
  • ひと口食べるごとに、水分を補給。
  • 1本80kcalのカロリーオフタイプがおすすめ。
たったこれだけです。
一食さえソイジョイに置き換えれば、あとの二食は今まで通りに食べてOKです。
ひと口ごとに水分を補給するのは、ソイジョイには水分で膨らむ食物繊維が豊富に含まれているため、満腹感を得やすいからですね。

カロリーオフタイプというのは店頭ではなかなか見かけません。

用意するのが難しい人は、糖質が少ない「ピーナッツ味」か「アーモンド&チョコレート」味を選ぶといいですよ。

注意すべきは追加で何か食べてしまわないことです。

普段通りに食事をとって、さらにソイジョイを食べていたら余計に太るだけですので。

スポンサーリンク

実践した記録

筆者は2019年9月17日にソイジョイダイエットを開始しました。

参考までに普段の生活スタイルは…

午前10時 起床

12時 朝食(昼だけどw)

17時 出社

21時 昼食←ここをソイジョイ1本にしてます!

2時 退社

4時 晩飯

5時 就寝

昼食と呼んでいいのか分かりませんが、ともかく二食目をソイジョイダイエットに置き換えています。

この時、水分はサントリーさんが販売している「伊右衛門 特茶」にしています。

脂肪の燃焼を助ける飲み物らしいので。

以上のスタイルで実践していった体重の推移を記録していきますね。

薬代の境界線である80kgを切ることを目標にやっていきます!

9/17 89.7kg
9/24 89.3kg
10/1 88・6kg
10/8 87・9kg
10/15 87・9kg

※定期的に測って更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする