余根田渉容疑者と橋本貴彦容疑者の顔画像は?遺体を隠す気なかったか

引用:https://www.fnn.jp

2019年6月11日、京都府向日市上植野町のアパート駐車場に遺体を遺棄した疑いで、生活保護を受給している男とその担当のケースワーカーの男が逮捕されました。

今回はその容疑者である余根田渉容疑者橋本貴彦容疑者について紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

余根田渉容疑者と橋本貴彦容疑者は2019年6月11日午前11時ごろ、京都府向日市上植野町のアパート駐車場に、全身に白い粘着テープが巻かれた状態の女性遺体を遺棄した疑いが持たれています。

事件の詳細は…

11日、京都・向日市のアパートで、粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかり、警察は、向日市の職員の男ら2人を死体遺棄の疑いで逮捕した。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、向日市役所の職員・余根田渉容疑者(29)と、職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)の2人。

2人は11日午前11時ごろ、橋本容疑者の住む京都・向日市上植野町のアパートの駐車場に、女性の遺体を遺棄した疑いが持たれている。

遺体は、腐敗が進んでいて、全身に白い粘着テープが巻かれた状態で見つかった。

警察によると、余根田容疑者は、市役所で生活保護を扱う部署に在籍するケースワーカーで、橋本容疑者の担当だという。

2人は、「遺棄したことに間違いありません」と容疑を認めている。

引用:https://www.fnn.jp

余根田渉と橋本貴彦のプロフィール

今回逮捕された余根田渉容疑者と橋本貴彦容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前 余根田渉(よねだ・わたる)
年齢 29
職業 向日市地域福祉課主査
住所 京都府京都市西京区川島野田町

名前 橋本貴彦(はしもと・たかひこ)
年齢 55
職業 無職
住所 京都府向日市上植野町藪ノ下

またこちらで余根田渉容疑者と橋本貴彦容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することは出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→余根田渉容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

→橋本貴彦容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

スポンサーリンク

余根田渉と橋本貴彦の顔画像は?

余根田渉容疑者と橋本貴彦容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

Facebookを含め、ネットで見つけることもできませんでした。

公開され次第、随時更新していきたいと思います。

事件のあった場所

余根田渉容疑者と橋本貴彦容疑者が女性の遺体を遺棄した場所は、京都府向日市上植野町藪ノ下のアパート駐車場と報道されていました。

こちらがそのアパートと駐車場です。

引用:https://www.ytv.co.jp

京都府向日市上植野町はこちらです。

なぜアパートの駐車場に?

まだわかっていない点が多く不可思議な事件ですね。

年代も違う生活保護受給者とその担当者であるケースワーカーが、どういった理由で共謀に至るのでしょうか。

2人と遺体の女性との関係性も全く想像がつきません。

報道によれば遺体は腐敗が進んでいたとのことなので、しばらくはどこかに隠されていたのでしょう。

しかし、今回2人はアパートの駐車場という人目につく可能性の高い場所にわざわざ遺体を移動させました。

しかも、深夜に運び出すならまだしも日が高い午前11時にです。

これはもう遺体を隠す気が全くなかったように思われます。

現にその日のうちに「異臭がする」と警察に通報があったらしく、すぐに見つかることになりました。

不可思議な点がいくつもある事件ですが、何かわかり次第随時更新していきます。

スポンサーリンク

【追記 6/13】

続報が入りました。

橋本貴彦容疑者の供述によると、遺体の女性は交際相手だと言うことです。

まだ特定はされていないようですが、橋本貴彦容疑者と一緒に暮らしている40代の女性が行方不明になっているらしく、遺体はこの女性である可能性が高そうですね。

また、遺体は死後一か月ほどで、駐車場に運び出すまでの間、大型の業務用冷蔵庫に入れていたようです。

犯行の動機については未だ分かっていません。

 京都府向日(むこう)市のアパートの駐車場に成人女性の遺体を遺棄したとして、府警は12日、男2人を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。2人は、同市地域福祉課の職員と職員が担当していた職業不詳の男で、ともに容疑を認めている。職業不詳の男は「遺体は交際中の女性。殴って死なせてしまった」と説明しているという。

向日町署によると、逮捕されたのは、向日市地域福祉課主査の余根田渉(よねだわたる)容疑者(29)=京都市西京区川島野田町=と、このアパート1階に住む職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)=向日市上植野町薮ノ下。11日午前11時20分ごろ、死亡していた成人女性を駐車場に遺棄した疑いがある。

余根田容疑者は生活保護世帯との窓口になるケースワーカーで、昨年から受給を始めた橋本容疑者を担当していた。担当している101世帯のうちの1世帯だった。

捜査関係者によると、橋本容疑者と一緒に暮らす40代女性と連絡が取れなくなっている。遺体は死後1カ月ほどとみられ、司法解剖した結果、体に打撲の痕が数カ所確認された。死因は特定できず、身元の特定についても、今後DNA型鑑定をして進める。

家主側や府警によると、余根田容疑者は今月5日、「物置として使う」との名目で、このアパートの2階の一室を借りた。府警は、橋本容疑者から相談されて部屋を借り、室内の大型の業務用冷蔵庫に遺体を入れていたとみている。府警は12日、この部屋と橋本容疑者の部屋を家宅捜索し、冷蔵庫を押収した。

11日午前11時ごろ、近所の住民から「2階の部屋から異臭がする」と110番通報があり、駆けつけた署員が駐車場で遺体を発見。遺体の全身は粘着テープで何度も巻かれていた。橋本容疑者は余根田容疑者が所有する乗用車の運転席に乗って発進させようとしており、余根田容疑者も車のそばにいたという。

向日市市民サービス部によると、余根田容疑者は2012年4月に職員となり、15年7月からケースワーカーを務めていた。川本進・副部長は取材に「職員が逮捕されて驚いている。仕事熱心でまじめな性格で、トラブルは把握していない」と話した。

安田守市長は12日に会見を開き「職員が逮捕され、多大な心配をおかけしておりますことを心からおわび申し上げます」と頭を下げた。

引用:https://www.asahi.com

橋本貴彦容疑者はこれまで近隣の商店とのトラブルが絶えなかったらしく、何回も通報されていたようです。

また、余根田渉容疑者についての人物像が少し見えてきました。

余根田渉容疑者については周囲の評判が良く、今までにトラブルがあったという話はなかったようです。

余根田渉容疑者が4年ほど前から生活保護を担当していたという女性の話から察するに、余根田渉容疑者は頼まれたら断れない性格という印象を受けます。

今回の犯行は、橋本貴彦容疑者から余根田渉容疑者に協力を仰いだ可能性が高そうですね。

 京都府向日市のアパート駐車場で女性の遺体を捨てたとして、市職員ら2人が死体遺棄容疑で府警に逮捕された事件で、住人で職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)が、生活保護の担当ケースワーカーだった同市地域福祉課保護援助係主査の余根田渉容疑者(29)=京都市西京区=に日常的に用事を命じていたことが、捜査関係者らへの取材で分かった。府警は橋本容疑者が交際相手の40代の女性を殴るなどして死なせた後、余根田容疑者に指示して遺棄を手伝わせたとみて、両容疑者の「主従関係」についても調べる。

府警や向日市によると、橋本容疑者は昨年1月から生活保護を受給し、当初から余根田容疑者が担当ケースワーカーとして毎月1回訪問。しかし、橋本容疑者は、普段から余根田容疑者名義の車を使っていたほか、いろいろな用事をさせていたとみられる。

2人の逮捕容疑は11日午前11時20分ごろ、アパート2階の部屋から遺体を駐車場に運んで遺棄したとされる。12日の司法解剖で死因を特定できなかったが、暴行の痕があった。

11日は余根田容疑者が橋本容疑者宅を訪問する日だった。同日午前11時ごろ、近隣住人が「2階から異臭がする」と110番。府警向日町署員が駆けつけたが、橋本容疑者らは居留守を使った。署員が大家の立ち会いを求めるために一時離れ、戻った際に駐車場でビニールシートに包まれた遺体を発見した。そばにはエンジンがかかった余根田容疑者の車があり、車内に橋本容疑者、近くに余根田容疑者がいたという。

一方、女性の生存が最後に確認されたのは先月下旬。2階の部屋は、余根田容疑者が「物置にする」として今月5日から借りており、中には大型冷蔵庫だけが置かれていた。腐敗状況などから、遺体は冷蔵庫に入れられていたが、通報で発覚を恐れた2人が運び出そうとしたとみられる。

捜査関係者によると、橋本容疑者は自宅に寝泊まりしていた女性を殴るなどして負傷させた趣旨の供述をしている。府警は死亡した女性の遺体の隠蔽(いんぺい)を橋本容疑者が余根田容疑者に手伝わせた可能性が高いとみており、2人の主従関係の実態や経緯を調べている。

市によると、余根田容疑者は「非常に熱心で真面目な職員」で、橋本容疑者との間でトラブルなどの報告はなかったという。余根田容疑者が4年ほど前から生活保護を担当していたという女性(51)は「親身に相談に乗ってくれた。死体遺棄は頼まれて断れずに手伝ったのではないか」と話した。

引用:https://mainichi.jp

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネットでは様々な意見が集まっていました。

なんだろう。市職員が殺人をして、ケースワーカの立場を利用し生活保護受給者に遺体搬送頼んだろうか?組み合わせでも様々な組み合わせがあるんだな。なんかどうなっているの。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

ケースワーカー余根田が主犯で知り合いの言いなりになりそうなオッサンに手伝わせた?
それとも共犯か。
被害者女性の素性や年齢が明らかになれば少しはわかるな。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

橋本が殺して二階の空き部屋に放置、異臭騒ぎを聞いて慌てた橋本は急遽ケースワーカーに相談、何か理由をつけて一緒に運びださせワタワタしているところにポリが来た。
テープ…賢い人はもう少しまともな処理すると思いますが、気になる事件です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

あくまで推測だが・・・。
遺体の女性も生活保護受給者で、亡くなったのを隠蔽してこの女性の生活保護を自分たちの物にするために2人で結託して遺体を遺棄した・・・という事かな?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今どき同性のカップルは珍しくないからねえ、まさに同棲中だったりして

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

謎の多い今回の事件に対し、多くの人がいろいろな推測をしていました。

早く事件の真相が解明されるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする