尻引絵里容疑者の顔画像は?小6長男、頭から血を流し近所に駆け込む

引用:https://news.tbs.co.jp

2019年6月5日午後6時半ごろ、埼玉県狭山市で小学6年生の男の子が母親にトンカチで頭を数回殴られ、腹や太ももを包丁で刺される事件が起きました。

今回はその容疑者である尻引絵里容疑者について紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

尻引絵里容疑者は2019年6月5日夜、11歳の長男を自宅で殺害しようとした疑いで逮捕されました。

事件の詳細は…

 5日夜、埼玉県狭山市で11歳の長男を金槌で殴った上、刃物で刺して殺害しようとしたとして、38歳の母親が逮捕されました。長男は命に別状はないということです。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、狭山市の無職・尻引絵里容疑者(38)で、5日午後6時半ごろ、自宅で小学6年生の長男(11)の頭を金槌で数回殴った上、腹や太ももを小型の包丁で刺すなどして、殺害しようとした疑いがもたれています。長男は病院に運ばれましたが、命に別状はなく、けがの手当てを受けているということです。

警察によりますと、長男が「母親にトンカチで叩かれた」と近所の家に駆け込み、この家の男性が通報しました。取り調べに対して、尻引容疑者は容疑を認めているということで、警察は動機などについて詳しく調べています。

引用:https://news.tbs.co.jp

尻引絵里のプロフィール

今回逮捕された尻引絵里容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前 尻引絵里(しりびき・えり)
年齢 38
職業 無職
住所 埼玉県狭山市狭山

またこちらで尻引絵里容疑者のFacebookアカウントを調査した結果、本人と断定することはできませんが、それらしきアカウントを発見しました。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→ 尻引絵里容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

スポンサーリンク

尻引絵里の顔画像は?

尻引絵里容疑者の顔画像がネットで公開されていました。

こちらが尻引絵里容疑者です。

引用:https://news.tbs.co.jp

事件のあった場所

尻引絵里容疑者が長男を殺害しようとした場所は、埼玉県狭山市狭山の自宅と報道されていました。

こちらがその自宅です。

引用:https://news.tbs.co.jp

引用:https://news.tbs.co.jp

こちらは埼玉県狭山市の地図です。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネットでは様々な意見が集まっていました。

母親、明らか普通の精神ではない。長男君は命に別状なくてホントによかった。恐ろしい母親だ…

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

金槌で数回殴り 刃物で数回刺すって、想像しただけで恐ろしい。命が助かって良かったけど、11歳でこんな恐ろしい思いをした子供の精神的ダメージは計り知れない。
この子供が安心して眠れる生活が送れますように。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

もはや正気の沙汰ではない。
最近は虐待ではなく殺人になってきているという深刻な状況。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容通りならば、尻引絵里容疑者が長男にした行動は他の虐待報道と比べてみても特に常軌を逸しています。

背景に何があったとしても許されることではないでしょう。

また、中にはこのような意見もありました。

奥さんがこうなるまで旦那さんは何してたんかな?
思春期の男の子には父親とのか関わりが大切なのに
子供のこと奥さんに丸投げする旦那さんて多いんだよね。40近くなると、自分の体力も落ちてきつつあるところへ子供の教育、老いた親の事など大変な事が増えてくる。いろんな事を一人で抱えて旦那に協力要請しても仕事を理由に逃げられたらストレスはたまる一方。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

調べたところ、尻引絵里容疑者には夫ともう一人息子がいるようです。

二人とも事件当時には家にいなかったらしいです。

次男にも今までになにか被害がなかったか心配になりますね…

子どもが自ら助けを…他にも

今回被害にあった長男は血だらけになりながらも近所に助けを求めに行きました。

この勇気ある行動が自身の命を救う結果になったのでしょう。

同じように虐待された子が自ら助けを訴えた事件がつい先月にもありました。

詳細はこちらです。

本郷広直容疑者の顔画像は?小2長男の首を絞め全身打撲にさせた疑い
2019年5月12日、宮城県仙台市の自宅で小学2年生の長男の首を絞めるなどの暴行を加え、全身打撲のけがを負わせたとして父親が逮捕されました。...

自分の親を子が自ら容疑者として認め、周囲に助けを求めるという行動は本来ならなかなかとれる選択肢ではないでしょう。

きっと幼いながらにいろんな葛藤があったのではないかと思います。

子どもが周囲に助けを求めやすい環境づくりももちろん大切ですが、問題を抱えている子ども全員が自らSOSを発信できるわけではありません。

周りの大人がいち早く察して、こちらから手を差し伸べてあげられる世の中にしていかないといけませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする