大貫真二容疑者の顔画像は?進路変更されただけで顔を数回殴った疑い

引用:http://www.tokai-tv.com

2019年3月、三重県亀山市の名阪国道下り線でトラック運転手同士の交通トラブルがあり、相手の運転手を殴ったとして45歳の男が逮捕されました。

今回はその件で逮捕された大貫真二容疑者について紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

大貫真二容疑者は2019年3月、三重県亀山市の名阪国道下り線で「幅寄せしやがって危ないやないか」と言いながら大阪府堺市の46歳男性の顔を数回にわたり殴った疑いが持たれています。

事件の詳細は…

 交通トラブルの末、相手の運転手を殴ってケガをさせたとして、45歳のトラック運転手の男が逮捕されました。

逮捕されたのは岐阜県羽島市のトラック運転手・大貫真二容疑者(45)で、今年3月、三重県亀山市の名阪国道下り線で大阪府堺市の男性(46)の顔を数回殴ってケガをさせた傷害の疑いが持たれています。

大貫容疑者は追い越し車線を走行中、隣の車線からトラックが突然進路変更したことに腹を立て、このトラックを本線上に停車させると、「幅寄せしやがって危ないやないか」などと言いながら、男性を殴ったということです。

警察は車のナンバーなどから大貫容疑者を特定し、逮捕しましたが、調べに対し「そんなことは知らない」と容疑を否認しています。

引用:http://www.tokai-tv.com

大貫真二のプロフィール

今回逮捕された大貫真二容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前 大貫真二
年齢 45
職業 トラック運転手
住所 岐阜県羽島市

またこちらで大貫真二容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することは出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→ 大貫真二容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

スポンサーリンク

大貫真二の顔画像は?

大貫真二容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

Facebookを含め、ネットで見つけることもできませんでした。

公開され次第、随時更新していきたいと思います。

事件のあった場所

今回の事件があった場所は、三重県亀山市の名阪国道下り線と報道されていました。

こちらが三重県亀山市です。

名阪国道について

名阪国道は三重県亀山市から奈良県天理市までを結ぶ国道25号の名称です。

高速道路ではなく国道として整備されているので、最高速度は60km/h~70km/hで設定されています。

今回の事件現場ではありませんが、特に「Ωカーブ」と言われる一帯は50km/hに設定されているほど危険です。

しかし、実際は80km/h~100km/hで走行する車がほとんどのようで、その交通マナーが疑問視されています。

これでは最高速度60km/h~70km/hを守っている方がかえって危ない目にあってしまうかもしれません。

これはかなり問題ではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネットでは様々な意見が集まっていました。

あおり運転等の危険行為が問題視されるなか普通では考えられない行為。普通ではない異常者がとても怖いし防ぎようが無いかも。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

40超えたいい大人が最近話題の煽り運転のニュース見てないの?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

些細なことで切れる大人が本当に増えた。ストレス社会の弊害?それとも甘やかされて育てられた事で我慢することが出来なくなっている為?何にしても一時の感情に任せて後悔する事がない様にしてほしいものです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

このような事件が社会問題になりつつある中で、感情をコントロールできないことを疑問視する意見が多く見受けられました。

しかし、中にはこのような意見も…

これは気持ちがわからんでもない。本当に危ない強引な割り込みしたんだろ、トラックも。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

加害者をかばう訳ではないが、運転ルールやマナーを理解できていないドライバーが多いのも事実。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

突然車線変更した奴も悪いと思う。
もちろん暴力は駄目だが、あまりにも横柄な運転をする奴が多い。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今回の事件に関しては、大貫真二容疑者に少し同情するような意見も少なくありませんでした。

喧嘩両成敗ではありませんが、トラブルになるからには双方に原因があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする