木下玲子容疑者の顔画像は?父親ともども自宅を燃やす!?介護疲れか

出典:http://www.news24.jp

2019年5月27日、福岡県福岡市で父親に灯油のようなものをかけ、自宅に火を放ち殺害したとして、35歳の娘が逮捕されました。

今回はその容疑者である木下玲子容疑者について紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

出典;http://www.news24.jp

木下玲子容疑者は2019年5月21日午前0時半ごろ福岡県福岡市南区寺塚1丁目の自宅で、共に住んでいた父親の恵一さんに油のようなもの(本人は「灯油」と供述)をかけ、家に火を放ち殺害した疑いが持たれています。

当時、家の中にいた母親も重傷を負いました。

事件の詳細は…

 先週、福岡市南区で、男性1人が死亡した住宅火災について、警察は男性の長女が家に火をつけた疑いが強まったとして、殺人などの疑いで逮捕しました。

殺人と放火の疑いで逮捕されたのは、福岡市南区寺塚に住む木下玲子容疑者(35)です。

木下容疑者は今月21日、自宅で一緒に暮らしていた父親の恵一さんに向けて油のようなものをかけて火をつけ、殺害した疑いが持たれています。この火事で、木下容疑者の自宅は全焼し、家の中にいた母親も重傷を負いました。

警察によりますと、木下容疑者は、「父親に灯油をかけた」と自ら消防に通報していて、逮捕後の取り調べに対しても容疑を認めているということです。警察が動機を詳しく調べています。

出典;https://news.tbs.co.jp

いったい動機はなんだったのでしょうか?

母親も重傷を負ったようですが、報道によると灯油をかけたのは父親だけのようなので、殺意は父親に対してのみ持っていたのかもしれません。

この家に住んでいたのは木下玲子容疑者と両親の3人でしたが、近所づきあいはあまりなかったようです。

この一家に何があって今回のようなことになったのか、真相が気になるところです。

木下玲子のプロフィール

今回逮捕された木下玲子容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前 木下玲子(きのした・れいこ)
年齢 35
職業 無職
住所 福岡県福岡市南区寺塚1丁目

またこちらで 木下玲子容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することは出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→ 木下玲子容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

スポンサーリンク

木下玲子の顔画像は?

木下玲子容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

Facebookを含め、ネットで見つけることもできませんでした。

公開され次第、随時更新していきたいと思います。

事件のあった場所

今回事件があった場所は、福岡県福岡市南区寺塚1丁目にある木下玲子容疑者の自宅と報道されていました。

こちらがその自宅の画像です。

出典;https://this.kiji.is

出典;https://news.tbs.co.jp

こちらが福岡県福岡市南区寺塚1丁目です。

近くに保育園が2つもあるので、今回のことで子どもたちが不安にならないといいのですが…。

ネットの反応

出典;http://www.news24.jp

今回の事件に対して、ネットでは様々な意見が集まっていました。

常軌を逸している…

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

殺し方がクレイジーだ
よほどの恨みがないとできない

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

自分にも小さな娘がいるが、こんな事されたら悲しいな。

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

この事件に、衝撃を受けているというような意見が多く見受けられました。

また、一方では動機を推測する意見も多くありました。

介護に疲れて、、ってことだろうなあ。虚しい事件。

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

この事件、父親の介護疲れで、こんな事したんでしょう。
これは、自分でもしてしまうんではないかと思います。

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

介護する立場にならないとわからないだろ
どいつも自分中心、自分が正論だと思ってるその人の立場を考えないのが多いな
人身事故のコメでもそんなの多い

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

介護疲れだったのだろうと考えている方が多いようです。

今のところ介護をしていたという報道はされていません。

しかしながら、介護疲れだったら気持ちはわかるという方は少なくないようです。

介護は親子の楽しい思い出すらも忘れてしまうぐらいには苦痛だということ、本当に深刻な社会問題ですね…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする