鶴岡香織容疑者の顔画像は?市から生活保護費をだまし取っていた疑い

出典:http://www.tokai-tv.com

2018年2月に別居する夫から養育費を受け取っていたにもかかわらず、市に収入がないと嘘の申告をして生活保護費を受け取っていた疑いがあるとして、三重県鈴鹿市に住む48歳の女が逮捕されました。

今回はその容疑者である鶴岡香織容疑者について紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

鶴岡香織容疑者は2013年3月から生活保護費を受け取っており、不正受給を繰り返していた疑いが持たれています。

事件の詳細は…

 別居する夫から養育費を受け取っていたことを隠し、生活保護費を不正に受給していたとして48歳の女が逮捕されました。

逮捕されたのは三重県鈴鹿市の会社員・鶴岡香織容疑者(48)です。

去年2月、別居する夫から養育費を受け取っていたにもかかわらず、収入がないと虚偽の申告をして、市から生活保護費16万円をだまし取った疑いが持たれています。

市が支給後に鶴岡容疑者の収入などを調査したところ、不正受給が発覚し、去年11月に警察に告訴していました。

鶴岡容疑者は調べに対し、「遊んだりするのにお金が必要だった」と容疑を認めています。

鶴岡容疑者は、2013年3月から生活保護費を受給していたということで、警察は不正受給を繰り返していた可能性もあるとみて追及する方針です。

出典;http://www.tokai-tv.com

もし、生活保護費を受給し始めた2013年から不正受給が行われていたとすると、実に6年もの間、市をだまし続けていたことになります。

今回の逮捕容疑は2018年2月の分だけで16万円ということですから、合計するとかなりの額になりそうですね。

また、今回は別居する夫からの養育費があったのに収入が無いと申告していたと報道されていますが、そもそも無職ではなく会社員の時点で収入はあったのではないかという疑問も浮かびます。

鶴岡香織のプロフィール

今回逮捕された鶴岡香織容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前 鶴岡香織
年齢 48
職業 会社員
住所 三重県鈴鹿市

またこちらで鶴岡香織容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することは出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→鶴岡香織容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

スポンサーリンク

鶴岡香織の顔画像は?

鶴岡香織容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

Facebookを含め、ネットで見つけることもできませんでした。

公開され次第、随時更新していきたいと思います。

不正受給が発覚した場所

報道によると、鶴岡香織容疑者は三重県鈴鹿市在住のようですので、生活保護費は鈴鹿市役所から受け取っていたということでしょうか。

こちらが鈴鹿市役所です。

ネットの反応

今回の事件に対して、ネットでは様々な意見が集まっていました。

理由がクソ過ぎて開いた口が塞がらない…
養育費も遊ぶ金に使ってたんじゃないのか?
バレて返還求められて仕事しましたってか
最初から働けよ。
子供がいて、自分が万が一不正受給で
捕まったらって考えないのか?はぁ……

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

自分の身内や友人知人にはいないので、以前は実態を知らなかったが、今の仕事で不正需給の多さやその実態を知り、驚きと怒りで一杯です。生活保護は国で管理して本当の困窮者には適正な保護を。不正需給は徹底的に取り締まってほしい。

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

こんな奴らに自分たちの血税が使われているのかと思うとほとほと気が滅入る。
税金が集まりすぎてザルのように垂れ流し。
本当にギリギリの予算ならもっと真剣に調査するでしょ。

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

このように生活保護の不正受給に関しては憤りを感じている意見が多数見受けられました。

また、中にはこのような意見も…

え?離婚じゃなくて別居中の夫?
ん?離婚してなくても別居中なら生活保護受けられるの?
別世帯にしてたとか?
でもこういう奴らが簡単に受けれて本当に困ってる人達が
現に受けれてなかったりするのが不思議でかなわないんだが

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

離婚してるんなら・・・だけど籍が抜けてないのに別居しただけで生活保護 受けられるんだ。
でも実際 離婚して子供を おばあちゃん預けて母親は男と2人で暮らしてるのに母子家庭の手当を支給される人も居たわ

出典;https://headlines.yahoo.co.jp

離婚せずとも別居するだけで生活保護費が受け取れるという実態に、驚きを隠せないという意見も多かったです。

このような不正受給を減らすために、生活保護費を支払うかどうかの調査はしっかり行ってもらいたいものですが、ケースワーカーの人手不足は深刻なようですので、それもなかなか難しいのかもしれません…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする