【剣盾】今作のポケモンはつまらない?次回作に改善してほしい点考察

2019年11月15日、ニンテンドースイッチ用ソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』が発売されました。

ファン待望の新作だったはずなのですが、残念ながらネットでは不評なコメントが大量に見受けられます。

いったい何が悪かったのか、次回作に向けて改善してほしい点を考察していきます。

※ネタバレを気にされる方はここから先を読むことをご遠慮ください。

スポンサーリンク

ストーリーが難解

今作はやけに会話が多く、序盤は話ばかりで最初のジムに到着するまでかなり時間がかかってしまいます。

その割に全体的なストーリーのボリュームは短めで、且つ終盤に急に話をまとめた感じになっており、内容がよく分からなかったという人が後を絶ちません。

サン・ムーンでは今までのジムというものがない地方での話だったにも関わらずよく作りこまれていたと思うので、次回作ではぜひサン・ムーンの時のように今までの概念をぶち壊すような発想で話を作ってほしいですね。

テンポが遅い

X・Yから採用されていたメガシンカのかわりに導入されたダイマックスですが、使用するといちいち演出が長いことが気になります。

しかもジム戦では必ず相手も使ってくるので、二回もその長い演出を見なければいけないのは苦痛です。

そもそもシステム自体メガシンカより面白味がないと思うので、次回作ではメガシンカに戻すかそういった特殊な進化システムを失くしてしまった方が良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

肩を叩かれたポケモンが多すぎる

過去にもリストラされることはあったのですが、今回クビを切られたポケモンの数はかなりものです。

もしかしたら最近はレート対戦のバランスが崩れている作品が続いたので、いったん環境を整えたかったのかも分かりません。

しかし、消されたポケモンの数が多いとそれだけ思い入れのあったポケモンが使えない被害者も増えるわけなので、本当はリストラなしで作られた方がリスクはなかったと思います。

新ポケモンのデザインに惹かれない

リストラされたポケモンが多い分、新しいポケモンや新しいガラルの姿のデザインに期待がかかかりました。

ですが、実際にプレイしてみるとあまり目を引くポケモンに出会えなかったプレイヤーは多いのではないでしょうか?

今作は過去作よりも発売前に新ポケモンの姿が公式からあまり発表されませでしたが、公表しても売れる自信がなかったのかなと邪推してしまいます。

スポンサーリンク

キャラクターの魅力が乏しい

キャラクターに関しても前作のサン・ムーンに全体的に負けていると言わざるを得ません。

そもそもキャラクターの魅力を伝えるのはストーリーによる部分が大きいので、致し方ない点ではありますが。

特にライバル的な立ち位置であるホップの存在は、ネットで見てみてもかなり不人気ですね。

ダイヤモンド・パールあたりからライバルには陽気なキャラがよく使われていますが、次回作では最初の頃のグリーンやシルバーみたいなニヒルな感じのライバルに戻したら面白そうな気がします。

カメラワークがきつい

過去作の中で一番カメラワークが悪いと感じました。

うららか草原では視点を少し遠くすることができたのですが、それでもまだ近かったです。

筆者の三半規管が弱すぎるのかもしれませんが、スプラトゥーンやFPSすら普段プレイしているのにも関わらず、剣盾のカメラワークにはクリアまで慣れることなく常に車酔いしているような感じでした。

個人的に次回作で一番改善してほしい点はこれですね。

まとめ

少し改善してほしい点が多くなってしまいましたが、それも今ままでの作品をプレイしてきて楽しかったからゆえです。

次回作ではここに挙げた点のすべてが改善されたら、また面白いポケットモンスターが楽しめるのではないでしょうか。

これからオンライン対戦に潜る人も今作はもうプレイしない人も、シリーズからまた名作が生まれることを期待して待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする