ゴキブリの幼虫が給食に混入していた小学校はどこ??指導も実らず…

引用:https://www.kobe-np.co.jp

2019年11月21日、神戸市教育委員会は10月21日と11月19日に小学校の給食に異物が混入していたことを発表しました。

それぞれ別の小学校ですが、異物が見つかった米飯を納入しているのは同じ民間業者のようです。

スポンサーリンク

詳細は?

10月21日には米飯の容器などからクロゴキブリの幼虫が見つかり、この業者に対して点検や指導が行われたにも関わらず、11月19日に別の小学校の米飯にも虫が見つかったとのことです。

詳細は…

 神戸市教育委員会は21日、民間業者が小学校に納入した米飯から先月と今月、異物が見つかったため、この業者製の米飯提供を一時中止し、20日から他の業者に製造を代替させている、と発表した。関係する複数の学校の保護者には同日通知した。

市教委によると、桜が丘小学校(西区)で先月21日、この業者が製造、納入した米飯を入れた容器と、容器内の湿気調整シートの間から、クロゴキブリの幼虫(体長約5ミリ)が見つかった。業者に対し、施設の点検などを指導したが、今月19日、北区の小学校でも、米飯とシートの間から虫が見つかった。

今月見つかった虫がゴキブリなどの衛生害虫かどうか検査中のため、学校名は公表できないとしている。

引用:https://www.kobe-np.co.jp

今のところ第三者が異物を混入したという情報はないようですね。

どこの小学校か?

最初の10月21日に異物が見つかった小学校は、神戸市立桜が丘小学校と報道されていました。

こちらが神戸市立桜が丘小学校です。

次の11月19日に異物が見つかった小学校については、北区ということ以外に今のところ何も公表されていません。

続報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする