高弊克己容疑者の顔画像は?女子高生本人が同意していても誘拐扱い?

2019年8月30日、オンラインゲームで知り合った女子高生を自宅に連れ込んだとして、50歳派遣社員の男が逮捕されました。

今回はその容疑者である高弊克己容疑者について紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

高弊克己容疑者は2019年8月28日から29日にかけて、大阪府四條畷市にある自宅に女子高生を連れ込み1泊させた疑いが持たれています。

事件の詳細は…

 大阪府警四條畷署は30日、インターネットのオンラインゲームで知り合った兵庫県の女子高校生を自宅に連れ込んだとして、未成年者誘拐の疑いで、四條畷市二丁通町17の2、派遣社員高弊克己容疑者(50)を逮捕した。

逮捕容疑は「家に来ないか」などと言って女子高校生を誘拐し、28日から29日にかけて自宅マンションに1泊させた疑い。

署によると、29日夕に女子高校生の母親が「娘が帰らず、知り合いの男のところにいると思う」と通報。同日午後8時ごろ、連絡が取れた母親との待ち合わせ場所に2人が現れたという。

引用:https://this.kiji.is

28日から娘の姿が見えなかったはずなのに、保護者の通報が29日の夕方というのは少し遅いような気はしますね。

保護者の方も高弊克己容疑者のことはある程度知っていて、多少危機感が薄れていたのでしょうか。

高弊克己のプロフィール

今回逮捕された高弊克己容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前 高弊克己
年齢 50
職業 派遣社員
住所 大阪府四條畷市二丁通町17−2
逮捕容疑 未成年者誘拐

自宅に連れ込んだ相手は未成年なので、逮捕容疑は未成年者誘拐にあたるようです。

スポンサーリンク

高弊克己の顔画像は?facebookは?

高弊克己容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

公開され次第、随時更新していきたいと思います。

またこちらで高弊克己容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することは出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→高弊克己容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

事件のあった場所

今回の事件があった場所は、大阪府四條畷市二丁通町17−2にある高弊克己容疑者の自宅と報道されていました。

こちらが大阪府四條畷市二丁通町17−2です。

向かいに小学校がありますね。

今回のような事件が近くであったと知れば、生徒や保護者は気が気ではないでしょう。

スポンサーリンク

本人同意でも誘拐になってしまうのか?

報道された内容には、高弊克己容疑者が女子高生を無理やり連れ込んだようなことは書かれていませんでした。

連絡がとれた際にも、2人して待ち合わせ場所に現れたとのこと。

少なくとも女子高生本人は自分の意志で高弊克己容疑者の家に泊まったようにも思えますが、誘拐になってしまうのでしょうか?

こちらで調べたところ、誘拐罪は現在の生活環境から引き離して自分や第三者の支配下に移す行為のようです。

今回の被害者は未成年なので、保護者の支配下から高弊克己容疑者の支配下に移ったということですね。

つまり、誘拐にあたらないようにするためには保護者の同意が必要であり、女子高生本人が同意したかどうかはまったく関係ないということになります。

ネットの反応

今回の事件に対して、ネットでは様々な意見が集まっていました。

誘拐?何処が?連絡も取れるし…待ち合わせにも来たよ…逮捕

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

保護者が同意していなければ法的にそうなるのは分かってはいる。
が、これが誘拐かって言われると首を捻るな。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

ネットを通じた知り合いで、監禁ではなく1泊させてて、母親が居場所を知ってる・・・
いつからこれを誘拐と言うようになったの?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

このように、今回の件が誘拐にあたることに疑問を感じている意見が多く見受けられました。

また、中にはこんな意見も…

義務教育は終わってますからね。女子高生も、自分の身は自分で守る知識と行動が必要です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

この男の罪は軽くならないけど、いい加減、子供の側は真っ白な被害者という前提も変えるべきだと思う。一定程度の合意ありきとしか思えないシチュエーションでは、子供の側の問題もセットで検証すべきではないか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今回のような被害にあわないよう、未成年や保護者も注意していかなければなりませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする