【続報あり!】インコに避妊具かぶせた坂野嘉彦の顔画像は?

引用:https://www.asahi.com

2019年7月18日、飼っていたインコを虐待したとして名古屋市中村区の無職の男が逮捕されました。

今回はその容疑者である坂野嘉彦容疑者について紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

坂野嘉彦容疑者は2019年6月中旬から下旬ごろ愛知県名古屋市中村区椿町の自宅で、飼っていたインコに避妊具をかぶせて身動きがとれないようにしたり、ライターを押しつけ放り投げるなどした疑いが持たれています。

事件の詳細は…

 飼っていたインコを放り投げるなど虐待したとして、愛知県警中村署などは18日、動物愛護法違反容疑で名古屋市中村区椿町の無職坂野嘉彦容疑者(34)を逮捕した。

「鳴き声がうるさくて腹が立った」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は6月中旬から下旬、自宅でペットとして飼っていたインコ1羽にコンドームをかぶせて身動きが取れないようにした上、棒を押し付けたり、放り投げたりするなどの虐待を加えた疑い。

中村署によると、坂野容疑者は「インコは既に死んでいる」と供述。容疑者宅の捜索で、セキセイインコ2羽が別に保護された。

坂野容疑者はインターネット交流サイト(SNS)にインコの虐待動画を投稿。全国から情報が寄せられ、県警は投稿者のプロフィル欄などから同容疑者を特定した。

引用:https://www.jiji.com

報道によれば、坂野嘉彦容疑者は「鳴き声がうるさくて腹が立った」と供述しているようですが、動画を投稿する理由にはなっていない気がしますね。

坂野嘉彦のプロフィール

今回逮捕された坂野嘉彦容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前 坂野嘉彦(ばんの・よしひこ)
年齢 34
職業 無職
住所 愛知県名古屋市中村区椿町
逮捕容疑 動物愛護法違反

30代半ばにして無職とのことですが、どうやってインコを購入したり世話をしたりしていたのでしょうか?

動物の虐待自体ひどい話ですが、もし親の金で買ったインコだったとしたら尚更ひどいですね。

お金の出どころは分かりませんが、報道によれば自宅周辺とネットオークションがヒナの入手先だったようです。

スポンサーリンク

坂野嘉彦の顔画像は?facebookは?

マスクをつけた状態ですが、坂野嘉彦容疑者の顔画像がネットで公開されていました。

こちらが坂野嘉彦容疑者です。

引用:https://www2.ctv.co.jp

またこちらで坂野嘉彦容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することは出来ませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→坂野嘉彦容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら。

虐待に使われていた道具

愛知県警が押収した、実際に虐待に使われていた道具の画像が公開されていました。

こちらがその画像です。

引用:https://www.asahi.com

一緒に映っているインコは目立ったけがが無いようで、虐待されたインコとは別とみられるとのことです。

坂野嘉彦容疑者が逮捕されていなかったら、この子たちもひどい目に遭わされていたのでしょうか…

スポンサーリンク

投稿された動画の内容は?

今回の事件は動画を観た人からの通報で発覚しました。

動画の中では、インコが洗面台に溜められた水の中に入れられてもがいていました。

こちらはその時の画像です。

引用:https://www2.ctv.co.jp

また、画像は見つけられませんでしたが、報道によるとツイッターでは坂野嘉彦容疑者のものとみられるアカウントが複数あり、こんなつぶやきがあったようです。

『「インコにもオシャレが必要!」羽根の筋肉部分にピアッサーで穴をあけて、ピアスを付けてみよう!という、素晴らしい発想が思い浮かんだので、さっそくAmazonでピアッサーを注文したよ!』

引用:https://www2.ctv.co.jp

なんと恐ろしい発想でしょうか。

こんなことされてはインコがかわいそうでなりません…

【追記】

続報によると、今回の件で避妊具を被せられたインコに対しては、こんなつぶやきをしていたようです。

「コンドームに自ら入ってかぶってしまったセキセイインコ。よほどコンドームが気に入ったのか、歓喜の鳴き声を発しまくる。この変態嗜好(しこう)に飼い主もドン引き。ある意味幸せものである」

引用:https://hochi.news

いったいどんな気持ちでこのようなつぶやきを残したのでしょうか?

理解に苦しむばかりです。

坂野嘉彦が行った虐待

坂野嘉彦容疑者がインコに行ったとみられる虐待は以下の通りです。

  • 避妊具を被せて身動きを取れなくする
  • ライターを押し付ける
  • ベッドや床に放り投げる
  • 溜めた水に入れて脱出できなくする
  • 羽をむしり取った形跡(押収したニッパーが使われたか?)
  • 栄養剤を過剰に与える
  • ピアッサーで羽に穴をあける?
  • 死亡後、ゴミと共に捨てる

以上は発覚しているものだけです。

虐待は日常的に行われていた可能性があるので、まだ他にもあるかもしれません。

スポンサーリンク

事件のあった場所

今回の事件があった場所は、愛知県名古屋市中村区椿町にある坂野嘉彦容疑者の自宅と報道されていました。

こちらが愛知県名古屋市中村区椿町です。

名古屋駅のすぐそばですので、賃貸ですと家賃は安くないでしょう。

無職である坂野嘉彦容疑者は親と一緒に住んでいる可能性が高そうですね。

ネットの反応

今回の事件に対して、ネットでは様々な意見が集まっていました。

うるさいのなら最初から飼うな!動物を何だと思っているんだ!
こんな虐待犯は人として生きる価値なし!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

うるさいからとか意味がわからん。だったら最初から飼うな。動物は鳴き声を発する生き物ってことも知らないの?インコを虐待するヒマがあるなら就活しなよ!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

鳴き声どうこう言うなら最初から飼うなよ。
こいつに同じことして、こいつの泣き声がどんなものか聞きたいわ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

このように、鳴き声を発することくらいは飼う前から想定できたことを指摘する意見が多く見受けられました。

しかし、中にはこんな意見も…

呼び鳴きがうるさかったとか嘘だ
最初から虐待目的でセキセイは安いからと言ってた
これからショップ等への注意喚起の為にも顔載せてほしい

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

実際に投稿動画を観た人の意見でしょうか?

最初から虐待目的というのが事実だとしたら、さらに悪質な話になりますね…

【追記】罰金20万円は妥当なのか?

2019年10月9日、名古屋簡裁で坂野嘉彦被告の公判がありました。

検察側は罰金20万円を求刑したようですが、こんなものなんですね。

亡くなったインコたちのことを考えると、なんだか少なく感じる気もしますが…。

詳細はこちら。

 飼育するインコを虐待したとして動物愛護法違反に問われた住所不定、無職の男性被告(34)の公判が9日、名古屋簡裁(上杉誌朗裁判官)であった。検察側は罰金20万円を求刑、弁護側は寛大な判決を求めて結審した。判決は18日。

起訴状では、男性被告は6月22日頃、名古屋市中村区の自宅で、飼っていたインコに避妊具をかぶせて動けなくしたうえで、ライターの火を押しつけるなどして虐待したとしている。

検察側は論告で「身勝手で常習的な犯行で、再犯の可能性もある」と述べた。一方、男性被告は被告人質問で「生活に満たされず、負の感情が爆発した。二度とペットは飼わない」と述べた。

引用:https://www.yomiuri.co.jp

また、坂野嘉彦被告の自宅はペットの飼育が禁止されていた部屋だったことも明らかになりました。

今後も何か続報が入り次第、更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする