顔がほてりやすい人はニキビができやすい!?夏は特に注意

ニキビを確認する男性

みなさんニキビはよくできてしまいますか?それともあまりできない方ですか?

不思議なことに、ニキビってできやすい人とできにくい人がいますよね。

ではいったいニキビができやすい人ってどういう人なのでしょうか。

スポンサーリンク

ニキビは誰にでもできる可能性がある

鏡に見惚れる女性

あなたは暑いときや、もしくはなにか恥ずかしい思いをしたとき、顔がほてってしまう方ですか?

実は、顔がほてりやすい人の方がニキビができやすい傾向にあります

顔の温度なんて個人差があるので、なんとも不公平な話ですね。

当てはまってしまった人の焦る気持ちも分かりますが、心配には及びません。

これからニキビのできるメカニズムとともに対策を紹介していきます。

ニキビが「できやすい」からといって、必ず「できる」わけではありませんので、悲観するのは早いです。

逆にニキビが「できにくい」人だって、油断していればニキビができてしまいます。

ニキビは誰にでもできる可能性があるのです。

その可能性、今日から低くしていきましょう。

ニキビはどうやってできるのか?

お腹が痛いOL

まず最初にみなさんにお伝えしたいことなんですが、ニキビは化膿性疾患という肌の病気です。

病気ですから、しかたなく罹ってしまう時もありますが、風邪だって予防するかしないかで罹る確率はかなり変わってきます。

ニキビも同じように予防して未然に防ぐことが大事です。

ご存知の通り、一度できてしまうと治るのに時間が数日かかってしまいますからね。

月曜日の朝に鏡をみたらニキビができてるなんて、テンション下がっちゃいますよ。

さて、本題ですがニキビができる原因には老廃物が関わってきます。

知っている人もいるかもしれませんが、簡単に説明しましょう。

普段私たちはものを食べたり飲んだりすることによって、体に必要なものを取り入れています。

しかし、口にしたものに含まれている成分のすべてが必要なわけではありません。

その体に不必要になったものを老廃物といいます。

老廃物は通常は排便することで体の外へ出されてめでたしめでたしなのですが、腸内環境が悪いとうまく排便できずに体の中に溜まってしまうことがあるのです。

もちろん老廃物が体内に溜まることは良くないことですが、実はこれだけではニキビにはなりません。

老廃物は熱と組み合わさることによって、初めてニキビとなるのです。

人の体は上半身、特に顔に熱が集まりやすいようにできています。

ニキビが顔にできやすいのはこれが理由です。

よりにもよって顔のニキビが一番見られたくないのに、やっかいな話ですね。

顔の温度にも個人差がありますが、顔がほてりやすい人の方がニキビができやすいというのはこういうカラクリなのです。

ここまでの話で想像がつくかもしれませんが、夏はニキビができやすい季節ということになります。

また、冬でも暖房で顔がのぼせやすい人は注意が必要でしょう。

ニキビを作らないために

牛

ではどう注意すればいいのか。

顔がほてりやすいのを直せと言われても中々難しいものがあります。

熱の方を排除するのが難しいなら、老廃物を溜めない様に心がけましょう。

気をつけるべきことをいくつか挙げてみます。

  • 脂っこいものばかり食べない
  • 酒を飲み過ぎない
  • タバコを吸い過ぎない
  • ヨーグルトを食べ過ぎない

3つはだいたいみなさん分かっていることなので、あとはご自分の自制心しだいです。

意外と落とし穴なのが4つ目のヨーグルト。

ヨーグルトは腸内環境にいいと謳われて久しいですが、私たち日本人は牛乳が体質的に合わないことは聞いたことがあるでしょうか?

もちろん個人差はありますが、ヨーグルトだって乳製品です。

牛乳でお腹を壊しやすい人はヨーグルトも控えめにしておいたほうが腸内環境には良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニキビはできやすい人とできにくい人がいる、これは変えられない事実です。

しかし、実際にニキビができるかどうかは、これからのあなたの行動しだいかもしれません。

良い腸内環境を保つことがニキビを未然に防ぐことに繋がる、ぜひ意識して生活してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする